航空自衛隊新潟分屯地基地の記念行事行った時の話

ちょっと前の話ですが、11月23日に新潟市の航空自衛隊の新潟分屯基地にて創設55周年のイベントがあって行った時の話です。
その時も何時ものように、サバゲ仲間に誘われたのでした。

この日は朝から激しい雨で非常に寒い日で、到着しても雨が激しく、傘が手放せませんでした。しかし、カップルや家族連れも多く並んでいてまあまあの盛況ぶり。

自衛官の方に案内され入場し、見に行くと普段見ることのない航空機が数十機をまじかに見て迫力があり、エプロンには救難機やヘリも多数あり盛り上がってました。航空機を移動させるタグという乗り物がとてもこじんまりしてましたが、可愛くて結構パワーありました。タグに乗っての撮影者が多かったです。私もサバゲー仲間と乗ったり撮影したりしました。

天候が晴れていて気温が高ければよかったですが、降り続く雨と寒さで体も冷たくなってきました。しかし、突きたてのお餅からおしるこを提供され食べたらとても体が温かくなり生き返り、他にも屋台もあってありがたかったです。

航空自衛官の方々の太鼓の演奏も迫力があり、入間基地の女性航空官の方もいてお話したりできました。結構制服を着た女性航空自衛官の方が珍しいのか結構お話ししていた人が多かった気もしました。

その後戦闘機が飛ぶイベントが見られるという事で待機し見ました。当初、F-2X戦闘機が飛ぶという事になっていましたが、降り続く雨と様々な都合で中止に。「これが楽しみだったのに。飛ばないなんてー!」と友人たちや会場で落胆の色を隠せずに嘆いた方々も多かったです。しかし、代わりにF-15の戦闘機が数機飛び見ることができました。感激でした。

食べたり飲んだり寒さに耐えながら、最後はヘリのコクピットや乗っての撮影をして楽しんでいると、帰り際に雨が止み晴れ間が差しました。綺麗な虹が現れて幸せな気分でした。記念すべき55周年のイベントに参加できて良かったです。航空自衛隊の方々の魅力がわかりいい一日でした。


悠生
40代のサバゲープレイヤー、最近走るのが苦しいです。
愛銃はP90です。

※画像はイメージです。

最新情報をチェックしよう!