自衛隊と米海軍の違いってなんだろう?!

ミリタリーレポート

自衛隊と米軍の違いはなんでしょう?
自衛隊はセルフディフェンス、自国をまもることはできるが攻撃はできないと言われています。
まあ最も海外では、「日本軍」って認識されている国もあるし、自衛官の名刺には肩書にARMYやNAVYと書かれているケースもあるので、そう思われても仕方ないと思います。それとも意図的なのでしょうか?

それに比べて他国の軍隊は、自国の国土や国民をまもることに加え、手段として攻撃することも任務です。

今後、日本もそのようになるかどうか、憲法9条を踏まえ議論がなされていますね。
自衛隊と米軍が共存する街に住み、両方の友達から学んだ両者の違いをたくさん感じました。

体力テスト

米軍人は、毎日トレーニングをしています。
もちろん健康のためもありますが、年に二回ある体力テストで決められた値を下回ると、クビになるそうです。

自衛隊は体力テストはあるけれど、適当な数値をいれてもいい?バレない?ので、普段から体力作りをしなくても良いと言っていました。もちろん、体力作りをして正確にな数値をいれる人もいるはずです。
あくまでも友達談ですが。

制服検査

米軍人は、インスペクション制服検査があり、ぴっちり折り目をアイロンでつけてないといけないと、必死にアイロンがけをしていました。抜き打ち検査もあるようです。そういったことも含めて階級が上に上がるのでしょう。

自衛隊はアイロンを持っていない人が多かった、いや、持っている人を見たことがありません。試験に受かれば階級があがるので、このようなことは関係ないのでしょう。

交通違反や犯罪

米軍人は基地外で犯罪を犯しても、日米地位協定で罪になりません。
交通事故はもちろん、殺人でも基地に逃げ込めば日本の警察は何もできません。最近はあまりに犯罪が多く。米軍が協力することもあります。

自衛隊は公務員であるゆえ、飲酒運転も新聞に載ります。
名前が載るか載らないかは階級と顔の広さ次第?朝まで飲んで、そのまま勤務に向かう友人はたくさんいましたが、米軍人はありえません。
通常の企業でも、飲み屋から直行はありえませんね。

自衛隊って、米軍に比べると緩い部分が多いような気がしますが・・・どうでしょうか?


ライター:自衛隊と米軍が共存する街に住むミリオタ

※写真はイメージです。