MENU

サバイバルゲームで白いギリースーツが凶悪

  • URLをコピーしました!

コロナの影響や仕事で忙しくて、久々に友人にあいました。
久しぶりに会ったAさん。
「いや、忙しくてなかなかサバゲいけないよね。」
「ずっと前から作ってたんですよ。見てください。これ。」

目次

作ってきたのものは

作ってきたのはギリースーツ。
白いコートをベースに、手芸店や生地、安い服を組み合わせ、スプレーで色を付けたりしてますが、とにかく真っ白です。

私の住んでいる地域は寒い地方で、冬場は雪が積もります。
時々有志で雪中サバゲをしますので、そのための装備だという訳です。

試してみた

「ちょっと近くの公園で試してみたいんで・・・・」とAさんは目を輝かせて言いましたので、近くの公園に行きました。
夏場は広いグランドにはそこそこに人がいますが、冬場の今は雪が積もっていて、グラウンドは真っ白でした。
寒い中缶コーヒー飲みながら、私は早く去りたい思いでいっぱいです。

「じゃあ、少しの間お付き合いください。」とAさんは白の自作ギリースーツを着て、雪の中にしゃがみました。
すると雪の色と全く同化して見えません、「おおっ!」と思わず声を上げてしまいました。

公園なのでエアガンは持ち込んでいませんが、この状態で射撃されたら、正直何処から撃ってきたのかわからないでしょう・・・。

思わぬ欠点もあり

雪の降る中景色に同化し、何処から撃っているかわからず、「これ冬のゲーム無敵なんじゃないか?」と一瞬思いました。
しかし、5分もしないうちにHさんは「寒い、やはり寒い」と飛び上がったのです。

動いていれば、冬でもそれなりに温かいけれど、雪の中でじっとしているのは、超人でない限り耐えられないのでは?
その後、Aさんは風邪をひいて高熱を出して数日寝込んだとか?

早く早く暖かい季節にゲームしたいですね。

Photo by Anastase Maragos on Unsplash
※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次