ミリタリー主婦「やまめPJ」さんの独占インタビュー!!

■ スポンサードリンク


米海軍特殊が大好物なミリタリー主婦であり、ミリタリーブログでは「ヤマメは今日もサバゲ日和」というタイトルでサバイバルゲーム体験を基にした4コマ漫画で連載し、ご自分で貸切ゲームを主催してしまう、パワフルでキュートな女性サバイバルゲーマー「やまめPJ」さんに独占?インタビューをしました!

サバゲを始めたきっかけは?

始めたのは7年ぐらい前、たまたま知り合いの女の子に、サバイバルゲームのレディースデイがあるから参加してみないと誘われたのがきっかけ。

そのときは「サバゲ」の事は全く知らなかったのですが、ミリタリー関連やエアガンなんかに抵抗がなく、興味が無いわけでなく、運動にもなるので参加したのでした。

レディースデイといえども、基本普通のサバゲなのでフルオート有りのルールで、ビシバシ弾が飛び交う中を、ただ闇雲に逃げ、時折反撃するも・・・だったそうです?

「怖い」「痛い」「次の日筋肉痛」というのが率直な感想なのですが、その反面、「撃つのが楽しい」やら「痛くても楽しい」という快感がだんだんと芽生え、次第にのめり込んでいくのでした。

サバゲ漫画を描く理由は?

当時、サバイバルゲーム関連の漫画がそれほど多くなく、あっても物語が重視なので、日常的な部分も含めて、「サバイバルゲーマーとしてサバイバルゲームの魅力」ってなんだろうって考えたら、じゃあ描いちゃおうって事ではじめました。

いろんな人に見てもらい、サバイバルゲーマーにはあるあるネタを楽しんでもらい、サバイバルゲームを知らない人には楽しさを知って欲しいと思いで描いています。

特にまだまだ女子が少ないので、「女子でも気軽に楽しめますよ」って事を知ってもらい、どんどん初めてもらいたいです!!

旦那さんとの馴れ初めは?

この質問にまずは「キャーーーーーーそこきますか」とご本人が軽く爆ぜるw

最初に知り合ったのは、ユニオンの定例会でした。
大将戦で、大将だった「旦那様」を守っていたのですが、メインウエポンのM4がトラブルを起こして使用不能に。
そこに、「これを使え!」とばかりにP226を渡されたのがきっかけで、ゲームの後に銃を返しに行った時に話が弾んで意気投合し、それから一緒にゲームに行くようになったのでした。

そしてしばらくして、アジトの定例会で「フォックスハント」ルールのゲームで二人で逃げているときに、大型の冷蔵庫に二人で隠れたのがクリティカルとなって、きちんとお付き合いをするようになった後、あれよあれよという間に結婚する事になったのでした。

最後に一言

とにかく女子ゲーマーがもっと増えて欲しいです!
サバイバルゲームは敷居が高いと思われがちですが、そんな事は無く気軽に始められます。

そして今既にサバゲをしている女子には、とにかく続けて欲しいです。
女性は男性と違って、いろいろな辞めてしまう理由で多いと思うのですが、それを差し引いても「サバイバルゲーム」は楽しくて、ずっと続けていかれます。

女子よ変態になれ・・・です。
※ラーメン屋の親父風スタイルでw

やまめPJさん情報

tiwitterはこちら
ミリブロ「ヤマメは今日もサバゲ日和」

マグネット&ステッカー他、BBボトルステッカー等をイベントで頒布されています。


Writing by サバミリ管理人
やまめPJさんありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

■ スポンサードリンク