ドラゴンクエストのパロディードラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ!を観てほしい

今回紹介する作品はドラゴンクエストのノリとオマージュなど、他のRPG作品のネタなどを盛り込み、ローコストの低予算冒険ドラマとタイトルを打つぐらいに「予算の少ない冒険活劇」と自虐ネタを振る。
ドラクエ風な・・・またドラクエごっこを真剣にした・・・「勇者ヨシヒコ」を紹介したいと思います。

勇者ヨシヒコとは?

ドラクエをネタのドラマというと、スクウェア・エニックスに怒られるんじゃないのか?と思いの方が多のではないでしょうか?
でも本家からも「協力」として協賛しており、ドラクエでのおなじみのスライムやモンスターなどが登場し、ドラクエのゲーム効果音もそのまま使われているなど、ドラクエ要素が込められています。
またファイナルファンタジーのゲームネタや、あのマリオや他のゲームのネタ、時にはルパン三世などもネタにするなど、パロディー満載のドラマでもありました。

ヨシヒコの世界観?

さて舞台となる世界観ですが、西洋ファンタジーの服装、ですがセットは古き良き時代の日本家屋、時には現代の建物などを使いツッコミどころ満載ですが、あくまでもドラクエとして真面目な作品。
勇者ヨシヒコが仲間の戦士ダンジョー、ヨシヒコを親の仇と勘違いしている娘のムラサキ、金髪のマッシュルームカットがトレードマークのムードメーカーにして真面目なツッコミ役となる魔法使いのメレブ、個性的な面々でドラマが進んでいきます。

また時に出てくる豪華なゲストなど、見どころが満載のドラマでした。

ヨシヒコの魅力?

この作品で楽しめるのは、真剣な程に勇者ヨシヒコが真面目なバカ者である所です。
本人は至って真面目な勇者で真剣に冒険に挑んでいきのですが、空気が読めないと真面目すぎてどこかズレており、そんな彼を突っ込むメレブの掛け合いなどが面白い。

昔のギャグ漫画の主人公のような、あの仮面ノリダーのノリで楽しめる、コント仕立てで昔見たような、コメディードラマとしておススメ!

(C)「勇者ヨシヒコと魔王の城」製作委員会

イバ・ヨシアキです。
昔、仮面ノリダーなどを見ていた頃がありました。
今の時代であれをやれば、間違いなく本家からお叱りが来るかもしれませんが、あの頃はまだおおらかな時代だったのだと感じてしまう今日この頃。
勇者ヨシヒコもそんなノリのドラマで、私は好きでした!
最新情報をチェックしよう!