永井健子氏が作詞作曲を手掛けた「雪の進軍」について

■ スポンサードリンク


「雪の進軍」は明治時代、日清戦争のさなかに第二軍司令部隊員として活躍していた永井健子氏が作詩、作曲を行ったという楽曲で、軍人たちの内面的な生活に触れ、情景をスケッチしたという噂もあります。

歌詞に軍を批判しているともとれる、「どうせ生かして還さぬ積もり」といった歌詞が存在していましたが、「勇壮ではないだろう」という意見もあって志那事変ののちに一部歌詞が改変されました。改変後には「どうせ生きては帰らぬつもり」という歌詞に改変されました。後にこの曲は大東亜戦争のころには、もはや歌唱禁止が訴えられることもあったほどでした。

歌詞自体も敵国に潜り込み孤軍奮闘する、兵士の孤独な戦いに身を投じる様子を表現しており、戦争の悲惨さと、すさまじさをよく表現できている歌だと思います。

一番の歌詞では勇ましく戦う意思がよく表れていますが、2番以降だんだんと戦争で戦い続けることの過酷さ、戦争で戦う兵士が覚悟を決めるような歌詞があります。

曲調こそ明るくひょうひょうとしてる印象の歌ですが、後半に至ると兵士個人の感情があらわれてきて、素晴らしい歌だと思います。長らく将兵によって愛され歌われてきた歌で、日清戦争の第二群司令官の大山巌氏も、病によって臨終する時まで聞いていたという噂もあります。

映画「八甲田山」の劇中歌として知られてはいますが、今現在ではほとんど聞く機会もない歌ですが、プレイステーション2専用ゲーム「デストロイオール・ヒューマンズ」の日本版においてアメリカ軍兵士の考えを読み取った際に、歌詞の冒頭のみですが流れます。

他に最近では、ガールズ&パンツァーの9話で秋山優花里とエルヴィンが偵察時に改変後を口ずさんでいたのが驚きです。

カラオケでもありますので歌ってみましょう!

<軍歌>雪の進軍 – youtube


Writing by  TM
FPSゲームをよくプレイします。

※「雪の進軍」は著作権切れ及びJASRAC信託も消滅しています。

■ スポンサードリンク