黒綿あめさんの「インドアフィールド・バトルスポット」レポート

■ スポンサードリンク


こんにちは、こんばんわ
サバミリマップユーザー
覆面のサバゲーマー・黒綿あめです。
今回は千葉県千葉市にありますインドアフィールド・バトルスポットへ遊びに行って参りました。

こちらは多種多様な遊びの出来るプレイスポットの中に入ってる珍しいサバゲー施設でして監修はイベント告知等でお世話になっておりまふハイパー道楽さんが行なってるとの事です←いや、サバミリさんの方が何かとお世話になってますって本当ですって、やだなぁ…ははは笑

ここはフィールドとしても去る事ながら、かなり品揃え豊富なショップも併設しておりまして何かパーツ壊れたとか欲しい物があったとかでも対応出来てしまう[かもしれない]素晴らしい施設です!!︎

コインロッカーも付いていて貴重品も預けれますし何より見て下さい、この顔…じゃなかったこの数!!!!
これはありがたいですよねェ☆
黒綿ポイント10点!!


女性用のパウダールーム迄も完備していて至れり尽くせりなのか!?そうなのかっ!?!?
アウトドアフィールドと違って施設が綺麗と言われてるインドアフィールドの中でもこれは最高ランクに近い便利さなんじゃなかろうか…。

シューティングレンジも、ほらこの通り。
うん、長さも交戦距離くらいは取ってあって見易いので合わせ技一本って感じで黒綿あめポイント10点加算!!︎

フィールドは2つ本来はあったみたいなんですが[片方は後半にてレビュー書きます]今は1つのみで運営してるそうです。
フィールド内の作り込みに関してはココはまるでデ○ズニーランドかっちゅうぐらいしっかりと雰囲気出てます!!!!︎
この車だってインディ◯ジョーンズアドベンチャーみたいじゃないっすか!!

インドアで狭いながらもキャットウォークが作られてまして一段上がった所から狙撃も出来るシステム…素晴らしい。
本当の意味で立ち入り禁止のテープもサラリとオブジェクトとして溶け込んでおります。

銃も飾ってありました。
これらはやっぱり取り外し出来ない様に固定されてたんで弾が切れたらこの銃を…と上手い事には使えませんでしたね←ゲーム中に弾切れした時に剥がそうとしてごめんなさい。

ん?ここはジャングル⁉︎と見紛う程にツタやら土袋やら箱で…うん、本当にインディージョ◯ンズ笑笑
え?そうは見えない??
そしたら見えるまでディズニ◯ランド通ってから来て下さい、近くに有りますから。


この黄色いボックスがフラッグなんですけど基本的には押すだけの簡易的な感じです。
ただ、インドアフィールドって特に走り込みゲットも無いだろうしこれで良いのかもしれませんね。
作りとしては溶け込んでて良かったと思いますよ。

狭いとは言いつつもそれなりに上手い事、考えられた射線が通ってて油断も隙もあったもんじゃないです。
ただ、こちらのフィールド
・走りNG
・出会い頭はお互いHit
と言うルールがあるので射線さえ気にしてれば特に恐い事は無かったかなァ。
だけど、この優しいルールが俺にはちょっと厳しかったですね。
3Tap制も採用してるので3発撃ったら1拍空けると。
こうなると固定砲台しか黒綿あめの仕事は無くてですね、少しバリエーションに欠けましたので黒綿あめポイント-20点ですわ。

ここから下は今は使ってなくて改装予定のエリアとなります。
こちらは自由に入れたので撮影したりで使えますよ。
ただ、フィールドとしては機能してないんで安全装置やマガジンの装填についてセーフティーエリアと同じ扱いになりますからご注意を。

まず入って目に付くのはこの遺跡!!!!︎
怪しく光っててクリスタ◯スカルが置いてありそうです笑


あれれ〜、おかしいぞぉ〜

(C) 名探偵コナン 青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

おっと、見た事がある帽子が笑
コレは意識してるとしか見えないですね笑笑
見た目は大人
中身は子供
迷探偵ワタンに掛かればこれしきの謎は直ぐ解けてしまいますよ、じっちゃんのカニかけて。

でもこのエリアって奥に進むと全く違った感じの研究施設!?︎的なエリアになっていくんですよ。

image source:日曜洋画劇場 テレビ朝日

なんかエイ◯アンのホルマリン漬けみたいなのが浮かんでますね…怖いですねェ、怖いですねェ。

血糊べったりなこのベットなんですが凄い事にこの部屋に入るや否や消毒液の匂いが充満してました笑
嗅覚にまでも刺激してくるフィールドは色々なフィールド行ってても初でしたね笑笑

奥には誰のか分からないレントゲン写真迄飾って有りますので本職の方はコレを見て病気を探す遊びが流行りそうです←流行る訳が無い

はい、総評いきまーす。
総評としましては作り込みがとても凄く雰囲気が超絶素晴らしい反面サバゲーとしての面白さって所は正直、黒綿あめとしては物足りなさがありました。
ただ、お値段がリーズナブルだし沢山ゲームがこなせて週末は夜中の3時頃迄サバゲー出来ますし、途中抜けしてカラオケとかで遊ぶ事も可能なので一度行ってみる価値は存分に有ります‼︎‼︎

老若男女問わず遊べるからか黒綿あめが行った時に声は掛けてくれなかったのですが、母親と来てるBoyが軽く震えながら俺を見つつ憧れの眼差しを浮かべ母親に黒綿あめへの愛情を述べていてくれた事を俺は忘れません←俺にはそう見えました

動画は第3回・綿サバのおかわり夜の部で遊び行かせて頂きましたので下記URLの後編部分から宜しくお願いします。

てな、訳で…またなっ!!!!


Writing by  覆面のサバゲーマー・黒綿あめ

Twitter:黒綿あめ  / 洋風居酒屋L-96〝Elu-kuro〟
Instagram:@kurowataame
YouTube:黒綿あめCh
Facebook:黒綿あめ / 洋風居酒屋L-96〝Elu-kuro〟
食べログ:覆面サバゲーマー黒綿あめの経営する洋風居酒屋 L-96 (エルクロ)
ミリブロ:覆面サバイバルゲーマー・黒綿あめのサバゲ日記
アメブロ:黒綿あめプロフィール

■ スポンサードリンク