海上保安資料館 横浜館 レポート

■ スポンサードリンク


横浜みなとみらい地区「赤レンガ倉庫」、定番のデートスポットで周りは沢山のリア充だらけ。そんな群れを横目にチラ見しながら、海の方に歩いていくと防災基地に停泊中の巡視船「あきつしま」が見えてきます。

ところで海上保安庁さん、そのボフォースMk.3で眼前に広がる煩わしい者共を斉射してみませんか?・・・羨ましいんじゃないくて、ちょっと寂しいだけ・・・・病んだ冗談はさておき。

向かう先はその隣の「海上保安資料館 横浜館」

海上保安資料館とは?

「九州南西海域工作船事件」をご存知でしょうか?
2001年12月22日に、九州南西海域を航行していた国籍不明の不審船が自衛隊の航空機によって、発見されます。
不審船は巡視船と交戦の末、20時間ほど逃走を続けた後に証拠隠滅と思われる爆発し自沈したのでした。

捜査の一環として不審船を引き上げて調査した後に、船の科学館で一般公開され、終了後にスクラップ処分される予定だったが、石原慎太郎東京都知事や多くの人々の反対と、海上保安協会に寄せられた寄付によって処分は中止され、現在の横浜海上防災基地内の「海上保安資料館横浜館」(工作船展示館)で展示されるようになったのでした。

館内には工作船や引き上げられた回収物、事件の説明するパネルが展示されていて、入場料無料で見学できます。

館内を見学します

館内に入ると引き上げられた工作船が目に入ってきます。

当時のニュースだと船体が小さい印象だったのですが、思った以上の大きさに驚くのでした。
船首には20mm機関砲が被弾し貫通した跡が 生々しい。

船体を中心にして、引き上げられた様々な物が展示されています。

■ 奥から82mm無反動砲(B-10と推測)、携行型地対空ミサイル 9M313イグラ1E(9K310イグラ1)

■ 奥から、RPG-7(おそらく68年式7号発射筒)、RPK軽機関銃

■ AKS74と推測とありますが・・・

■でもよく見るとハングル刻印(北朝鮮製の88式自動歩銃でしょうか?)

■ZPU-2 14.5mm連装対空機関銃

■ 銃器に関する解説パネルで使用状況など詳しい解説されています。

■ ZPU-2 の解説と設置位置の説明です。
対空機関銃ですが、14.5x114mm弾は強力な貫通力があるので、航空機以外に巡視船を貫通し十分に撃破できる事でしょう。

■ その他の引き上げが押収品、GPSプロッター、SHARPのポケコンや、犯罪に多用されていたプリペイド式携帯電話 J-PHONE(J-T03)など日本製品が目立ちます。

この携帯電話の通話記録から、日本国内の暴力団と交信していたことが判明し、覚せい剤などの密輸を行っていたことが明らかになったのでした。

■ 見切れていますが、右下は自爆スイッチです。

■ もちろん金日成バッチも。

■ 船体の裏に回ると船尾が観音扉になっていて、工作員上陸用の小型舟艇を出し入れできる構造になっています。

■ 格納されていた小型舟艇はイカ釣り漁船に偽装されています。
下には隠密上陸用のゴムボートと水中スクーターが展示されています。

■ 階段を登って、上部甲板が見学できます。
船体後部に対空機関銃用のレールがあります。
通常では偽装の為に後部船橋に収納されていて使用時に引き出します。

■ 甲板が盛りあがっているのは自爆時の圧力によるもので、艦橋等の上部の構造物も吹き飛んだとされています。

■ 船体の構造で「居住スペース」に相当する部分がほとんど見当たらない事に気が付く事でしょう。最後に自爆し脱出した乗組員も自決した事、装備品の数々から訓練された軍関係者かスパイによって計画的に犯行が行われた事が推測されます。

■ この事件で巡視船「あまみ」が攻撃を受けて艦橋に多数被弾していて、艦橋部分を切断したものが海上保安大学校資料館に教育用として展示されています。

■ 出口付近には、グッズの販売と募金箱が設置されていますので、資料館の維持の為に少しでも協力してあげてください。
私は募金をしてストラップをもらいました。

時間が経って風化しつつある事件ではありますが、北朝鮮との関係を考えると忘れてはならなく、事実を知るのはとても大切な事です。
横浜や赤レンガ倉庫に出かける用事があった時は、立ち寄ってみてはいかがだろうか。

The Japan Coast Guard received the attack.(6:48~- youtube

会館時間:10:00~17:00(閉館30分前に受付終了)
休館日:毎週月曜日(休日の場合は翌平日)・年末年始
見学料:無料

神奈川県横浜市中区新港1-2-1(赤レンガパーク隣)


Writing by サバミリ管理人
撮影と掲載に関しては許可を取っております。

■ スポンサードリンク