「ガンカタ」が映える!特に中二病の方にお勧め?映画「リベリオン」

みなさんこんにちは、今回はマニアックでマイナー映画作品にもかかわらず、ガンアクションを好む人々に瞬く間に口コミで広がり、そのダイナミックな戦闘武術「ガンカタ」のアクションによって、名作として語り継がれる事になった「リベリオン」を紹介したいと思います。

今作は2002年に近未来SFガンアクション映画の大家と言われる、カート・ウィマー監督の代表作ともなった名作でもあり、あの「バットマン」シリーズの「ビギンズ」「ダークナイト」など数々の名作で、新たなバットマンを演じたクリスチャン・ベール主演の映画作品でもあります。

(C) 2002 リベリオン MIRAMAX FILM CORP.ALL RIGHTS RESERVED.

この世界の舞台となるのは、第三次世界大戦後に建国された都市国家・リブリアが舞台となります。
感情を抑制する事で人類の永続する平和を実現しようとしていた、独裁者・ファーザーによる恐怖政治が布かれ、人々は感情を露わにすることを薬で抑制され、音楽、文学、書籍、絵画、映像などの全てが禁止された世界となります。
それら政策に対して感情を捨てずにいる違反者達は、ガンカタと呼ばれる戦闘術を編み出し極めいくのですが、圧倒的な戦闘力を持つ特殊捜査官であるグラマトン・クラリックによって摘発・処刑されてしまいます。

そんな中、第1級クラリックのジョン・プレストンは、かつて感情違反者となってしまった妻を処刑し、息子と娘を監視し、また二人に監視されている家庭環境を過ごしていました。
しかし、メアリー・オブライエンと知り合った事でプレストンは感情を抱いてしまい、この社会が間違っているのではと感じる様になっていく・・・と、デストピアと化した世界を壊していく、ヒーローの活躍を描いた作品となっています。

(C) 2002 リベリオン MIRAMAX FILM CORP.ALL RIGHTS RESERVED.

本作は低予算で作られた内容であるも、アクションシーンは圧巻の一言しかなく、二丁拳銃や刀で瞬く間に多勢の敵を薙ぎ倒す、ガンカタのカッコ良さが栄える内容となっています。

歴史上のありとあらゆる戦闘データを基に、敵対する相手の配置、攻撃、移動などを瞬時に予測し、敵の死角へと回り銃弾を回避し、最小の攻撃で敵を殲滅する。この戦闘術ガンカタはいままでのアクション映画の基準を書き換え、常識をはるかに凌駕して敵を無双しています。

一度見ると忘れられず、どこか中二病心をくすぐられる事でしょう。
アクションを徹底的に感じたい人におすすめした、そんなアクション映画です。


イバ・ヨシアキ
ガンカタを見た瞬間……ああ、カッコいいと思った、中二な心を持つライターです。
二丁拳銃やガンアクションを求めた集大成はガンカタだと思う、そんなライターですが、宜しくお願い致します。

(C) 2002 リベリオン MIRAMAX FILM CORP.ALL RIGHTS RESERVED.

最新情報をチェックしよう!