北海道函館市恵山男子高校生失踪事件

みなさんは登山をしたことはありますか?
空気や景色が綺麗で気分がリフレッシュしますが、その反面、年間遭難数も多く、年間約2,000人もの遭難者がいます。
今回は日本百低山や新日本百名山に選定されている、北海道函館市にある“恵山(えさん)”で起きた失踪事件を紹介したいと思います。

目次

事件の概要

2020年5月15日 午前8時頃、函館市に住む当時15歳の“佐藤晶さん”は、2人の姉と共に恵山に登山に行へ。3人は9時30分頃に頂上に到着。その時、晶さんは頂上で記念写真を撮り、その後すぐに晶さんが姉二人に「一人で下山する」ことを伝え下山をしました。
下山途中、最初のカーブまでは姿が確認できたのですが、直後に姿が見えなくなり現在も行方不明のままです。

初心者向けの低山、山には森林がなく見晴らしのいい場所で起きた失踪事件。
地元周辺では“神隠し”とさえ言われるほど。

事件の詳細

現在わかっている、佐藤晶さんと姉二人の行動を時間系列に並べてみます。

午前8時頃、恵山に3人で登山を開始。
午前9時30分頃、3人は頂上に到着。その時に晶さんは記念写真を撮り、すぐに一人で下山を始め、最初のカーブまでは晶さんの姿を確認できた。
午前11時頃、姉二人が車の停めてある駐車場に着くが、先に下山している筈の晶さんの姿がなかったため、晶さんを探す。
午後8時頃、近くの旅館の人に促され警察に通報する・・・という流れです。

通報を受けた翌日から、警察、消防、自衛隊までも導入して大規模な捜索をしましたが、あいにく濃霧に見舞われて捜索は難航。捜索は5月26日まで続き、11日間で540人を動員し捜索するも、手掛かりは何も見つかりませんでした。

2020年11月15日に警察官30人体制で恵山を捜索、道の駅ではチラシ配りと情報提供を募りまましたがどちらとも成果は上がりませんでした。

2021年4月23日、もう一度、大掛かりな捜索を行います。
警察官50人と山岳遭難救助隊も参加してもらい、ヘリコプターと小回りの利くドローンも導入し捜索しましたが残念ながら成果はありませんでした。

晶さんたちが登山した恵山は日本百低山に選定されるほど登りやすく、観光客が着の身着のままで登山するというほど初心者向け。そういった事もあって、当時の晶さんは軽装のうえ、携帯電話や食料は持っていなかったそうです。

事故である可能性

惠山は活火山、土というよりは岩肌で崩れやすいところも多く、火山活動でできた「クラック(割れ目)」が数多く見られます。クラックの多くは割れ目の上に薄い砂が積もっているので、落とし穴のようになっています。

クラックは様々な深さがあり、深いものは人を飲み込んでしまうほど深く、内部は迷路のように複雑になっていて脱出はほぼ不可能。佐藤晶さんは下山途中にクラックに落ちたという、事故である可能性が一番高いと思います。

不審点

しかしながら、この事件にはいくつかの不審な点があります。

  • なぜ晶さんは一人で下山してしまったのか?
  • 晶さんが行方不明になった11時頃から、通報する20時頃まで、なぜ9時間もかかったのか?
  • 両親の話が全く出て来ないし、姉の名前も伏せられている。
  • どの記事を見ても持ち物に「携帯電話がない」とあるが、もともと持っていなかったのか、持っていたけど失踪当日だけ持っていかなかったのかあやふやな感じ。
  • 姉弟3人で来ているのに、記念撮影は1人で映っていた。

もしかしたら、家出の可能性もあるのではないでしょうか?
某掲示板情報なので信憑性は全くありませんが、「函館の繁華街で見た」や「ススキノで働いていた」という目撃もあるので、もしかしたら生きているのかもしれません。

最後に

どんな理由があるにせよ、まずは無事であることを祈ります。

※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる