アメリカの銃規制と圧力について

アメリカは銃社会で基本的には銃を所持する権利が与えられています。
しかし、アメリカの銃犯罪は人口多い都市部で頻繁発生し、都市部で銃規制求める声が大きい。その一方、農村部で銃規制に対して反対の声も大きくあります。

農村地帯は土地広くて人口密度低くて、隣人訪れるための車を使い10分以上の時間要します。そして犯罪巻き込まれれば、都市部で通報すると割と早く警察来ますが、農村地帯はかなり時間が必要となります。
その為に農村地帯の環境で自衛のために銃が必要といった意識ぬぐえないのは仕方がないでしょう。

銃規制に関してさまざまな問題がありますが、反対派の最も大きな組織「全米ライフル協会」は個人の銃所有権利擁護してる団体で、「人殺すのは人であり銃ではない」といったスローガンを掲げ銃規制に真っ向から反対しています。

全米ライフル協会の方針を指示してる職候補を、党派にかかわらず全面的に支持し、その力を行使して政治界に送り出すので強力な政治力を得て、連邦や地方政府などに強力なネットワークと発言力を持っています。

今後、銃での事件が発生するにつれ、銃規制に対して支持が増えていきますが、全米ライフル協会の目が黒いうちは、銃規制に向ける道のり厳しいものとなるはずです。アメリカ社会の闇です。


Writing by DAEE

※写真はイメージです。

最新情報をチェックしよう!