MENU

ミリオタ大学生がリア充になる?「阪急電車 片道15分の奇跡」

  • URLをコピーしました!

関西有名大学に通うミリオタが、福岡から来た同級生と恋に落ちる!?

目次

ミリオタにイケメン俳優大抜擢

三宅喜重監督、岡田惠和脚本の2011年公開の映画「阪急電車 片道15分の奇跡」は、関西のローカル線を舞台として描かれた群像劇です。
片道15分の間にたまたま乗り合わせた人々が織りなすドラマが1つにつながるというストーリーなのですが、そんなメジャーな映画にミリオタが登場する話があります。

演じるのは勝地涼さん。あまちゃんで「前髪クネ男」の好演が光ったイケメン俳優です。関西学院大学の学生、小阪圭一役者として、谷村美月さん演じる同級生の権田原美帆と付き合います。

なぜミリオタ設定なのか

この映画は、実際にあるローカル線「阪急電車」を舞台としているのですが、この沿線(今津線)の車窓からは、実際に伊丹の駐屯所がある関係でヘリコプターなどが見られます。
だから「阪急電車」というタイトルにも関わらず、電車オタクではなく、ミリオタが登場するのですね。

ミリオタに引かれる?

権田原との初対面シーンでは、彼女が車窓から五機編隊で多分ヘリコプターを発見し、事件でもあったのかと呟くと、そばにいた圭一(ミリオタ)がすかさず
「自衛隊の汎用ヘリ。マスコミのヘリはあんなにきれいな編隊飛行はできないよ。」
「伊丹に駐屯地があるからこの辺はたまに飛んでるよ。」
と事細かに説明をします。

いやぁ、この辺りがミリオタの性ですよね。
ミリオタを封印し大学デビューするつもりだった圭一は、自己嫌悪を陥ってしまいます。
しかし権田原は目を丸くしているものの、それはとてつもなく感激したからで、これをきっかけとして2人は付き合い、ウブでピュアな恋愛関係となるのです。

ぜひ、ミリオタのみなさんも、この映画を参考に彼女をゲットしてください!

ポニーキャニオン
¥2,610 (2022/09/10 22:50時点 | Amazon調べ)

(C) 2011 「阪急電車」製作委員会

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次