「ひぐらしのなく頃に解」をプレーした時に体験した怖い話。

これは「ひぐらしのなく頃に」が全盛期の時の出来事です・・・

・・・それは忘れもしない深夜の丑三つ時・・・私は「ひぐらしのなく頃に解」をプレイしていました。
どきどきしながらゲーム進めていたのは・・・「目明し編」。
当時は学生だったので時間があり、もう手に入れてから寝る間も惜しんで、ぶっ続けでプレーしていました…

前途しました通り、丑三つ時ですから家人は寝入っており物音ひとつしません。
住んでいる地域も比較的に田舎で家が少なく、山の方なので街灯もすくなく、家の周りもひっそりとしています。

「ひぐらしのなく頃に」と私

「ひぐらしのなく頃に」をプレイされた方ならおわかりかもしれませんが・・・
あのゲーム・・・とてもゆったりとした、薄気味の悪さ(誉め言葉)があります。
当時は、まだ他のタイトルは出ていませんでしたので、怖さしかなかったです。

私は記述していませんでしたが、かなりのビビリです。
ホラーなんて無理で、音楽だけでも驚いてしまうほどで、夏の稲〇淳二は敵だと思うほどです。

じゃあ、なんでそんな怖いのにプレイしていたかと・・

怖いもの見たさってあるじゃないですか?
あと、当時とても流行っていたのもあります。

流行りにはのりたいじゃないですか。
それに話はとても良かったし・・・今までのも勿論プレイしましたよ?
お昼間に・・・

今回は、数々の偶然が重なってしまいました。
というか、夢中になっていたら、深夜になってしまったという・・・

私になにが起きたかというと?

さて、本題に戻りましょう。

私が夜遅く、寝ずに「ひぐらしのなく頃に」を楽しんで(怖がって)いました。
もう、物語もクライマックス・・・

怖い演出が広がります・・・

ああ、なんか起きそう。
自然とそんなことを感じながら身構えていました。

私が恐る恐るマウスをクリックして、ストーリーを進めていくと・・・
次の瞬間!!!!

「ピリリリリリリリリリリリリリ…」

びっくぅーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

携帯電話が鳴り響くのと同時に、ゲームでも怖い効果音が鳴り響きます。

そうです。
本文では・・・私のPCの画面では・・・主人公に電話がかかってきているシーンでした。
心臓・・・飛び出るかと思いましたよ・・・

因みに、間違い電話でした!
こんな時間にやめてよね!

以上です。

(C)07th Expansion

最新情報をチェックしよう!