模型制作にあった方が良いアイテム

■ スポンサードリンク


アニメなどがキッカケで模型制作(1/35や1/48などのミニタリーのスケールモデルや1/100などのガンプラ)を始めた方も多いと思いますが、今日は、個人的に模型制作にあった方が良いと感じたアイテムを紹介したいと思います。

模型制作をしているうち、パーツの切り出しや塗装などで「あった方が良いかも」と感じ、徐々に購入していった模型制作アイテムを紹介していきたいと思います。

1.模型用ピンセット・デザインナイフ・模型用ニッパー

例えば、サイバーホビー(香港)の1/35AFVモデルなど、主に海外メーカーの模型では、部品の分割が細かく1つ1つのパーツが小さなものがあります。(『ガルパン』の1/35公式キットでも、海外製故に細かなパーツ分割がされていたものがありました。)

そのようなパーツをランナーから切り離し、そして、パーツを接着箇所に持っていくなど、細かな作業をする時には、模型専用のピンセットやデザインナイフ、模型用ニッパーを使用することで、パーツを傷つけること無く模型制作をすることが出来ます。

ニッパーやデザインナイフは、ランナーから切り離す時に、ピンセットはパーツを持つ(持って接着や塗装をする)時に使用します。今は、TAMIYAやMr.Hobbyなど模型関連メーカーからピンセットやデザインナイフが発売されています。100円均一ショップで発売されているモノと違い、強度や形状が模型制作に適したモノになっているので、出来れば、少しお値段はしますが、模型製作用のモノを購入することをお勧めします。

2.塗装用台座&クリップ

あと、塗装をする際に塗料で手を汚さないようにするために、猫の爪とぎみたいな形状の塗装用の台座と柄の長い模型用クリップも、制作するには便利なアイテムだと感じました。

柄の長いクリップは、細かな部品の接着を乾燥させたり、エアブラシなどで塗装する時に、手を汚さずに作業することが出来たり、このクリップを台座に刺しておくことで、自然に乾燥させてくれたりします。

これらのものは、模型ショップだけではなく模型メーカーや模型を扱う量販店のウェブサイトで販売されているので、少しずつ購入して揃えることをお勧めします。
個人的に使って良かったのは、写真にあるように、手で持つ部分が広く頑丈なメーカー製ピンセットと、先端が細いモノだけでなく平面なモノなど形状が異なっている模型関連メーカーのピンセットでしょうか。

購入した模型キットの制作に役立つこれらのアイテムが、貴方の模型制作の一助となりますように・・・


Writing by アラファイ親父モデラーのるう

アニメ『ガールズ・アンド・パンツァー』と長谷川迷人の模型制作ネット配信を見たことで、学生時代ぶりに模型制作に戻ってきました。

 

■ スポンサードリンク