囚われた姫を救い出せ!レーザーディスクゲーム 第1弾「忍者ハヤテ」

今回紹介したいゲーム作品は、タイトーから販売された、レーザーディスク・アニメーションゲームの第1弾となった作品である「忍者ハヤテ」を紹介したいと思います。

レーザーディスク・アニメーションゲームと、キャラクターをレバーで操作し、場面ごとの方向操作でキャラクターを動かし、また敵に攻撃をボタン操作で挟撃し、敵を倒していく、反射神経と判断力が問われる作品でもありました。

(C) 1984 忍者ハヤテ TAITO CORPORATION / 東映ビデオ

この作品のアニメーションを手掛けたのは東映で、オープニング画面からナレーションの熱い解説から入り、主人公のハヤテが、悪魔の城に囚われた姫君を救出する為に挑んでいくと言うナレーションに、思わずこのゲームをプレイしていましたが、このゲーム機は近所の遊園地にしかなく、入場料とゲームプレイ代金と合わせたら結構な痛手でもありました。

特に、このゲームは、レーザーディスク・アニメーションゲームの第一弾ともあってか、操作が実にシビアで、子どもだったせいかい、どう遊べばいいか解らず、すぐにやられてしまい、楽しく遊べなかった苦い思い出もあり、またシーンごとでの操作がランダムな仕様になっていたが為に、記憶していても、場面が違えばすぐにやられてしまうと、クリアできた記憶がありません。

(C) 1984 忍者ハヤテ TAITO CORPORATION / 東映ビデオ

特にこの作品は基本がアニメーションだったが為に、思わずゲーム内のアニメに夢中になってしまい、捜査指示が出ているのを見落としてしまい、ニアミスを連続してしまう事があり、クリアできた記憶が無く、また他の人がプレイしていても、クリアできた人はおらず、クリアの出来ないゲームとして近所の話題にもなっていました。

このゲームのエンディングを知ったのは、プレイステーション版を購入してからでした。
まあ、プレイステーション版も、そう簡単に攻略出来ずに難儀したものでしたが……

(C) 1984 忍者ハヤテ TAITO CORPORATION / 東映ビデオ

でも忍者ハヤテのコミカルさは面白く、妖怪相手に怯む事無く、時に驚かされてしまう事もあるけれど、三枚目ながらにカッコ良く活躍する、そんなハヤテの戦いっぷりが面白かった名作でもあります。


Writing by イバ・ヨシアキ
手裏剣を投げる際は、大きく振りかぶって投げる派ですが、ハットリくんの様に投げれる人がいるのかと考えてしまう今日この頃。
あんな風に投げてみたいと、願っていましたが、結局上手く投げられなかったです。
そんなライターですがよろしくお願い致します。

最新情報をチェックしよう!