室蘭市女子高生失踪事件を考察

みなさんは“日本と外国のここが違うよ”ってところをいくつ言えますか?
よく「食べ物がおいしい」とか「親切で人柄がいい」とか言いますが、一番に出てくるのはきっと「治安がいい」だと思います。
しかしその影で日本人の年間失踪者が何人か分かりますか・・・7万7022人です。
この中には自ら失踪した方も含まれていますが、中には事件性があるのに失踪扱いになっているものもたくさんあります。
・・・今回はそんな事件を紹介します。

事件の概要

2001年3月6日、北海道室蘭市で当時、室蘭栄高校に通う女子高生が失踪しました。
彼女はバイト先のパン屋さんで行われる「コーヒーの講習」を受けるために外出をしました。
しかし彼女はバイト先に現れることなく失踪してしてしまいました。

2021年で失踪から20年たちましたが、本人からの連絡もなく遺体も見つかっては居ません。
そんな女子高生が失踪してから今までの経緯を説明します。

事件の詳細

当時、室蘭栄高校に通う1年生“千田麻未(ちだあさみ)”さん(当時16歳)が自宅からバイト先であるパン屋さんの講習を受けに行く途中で失踪しました。
千田さんはパン屋のバイトを始めて4か月でしたが、平日も働きたいと学校の近くにある本店勤務を希望したため“コーヒーの講習”を受けることになりました。
失踪日の2001年3月6日は公立高校の入試日だったため高校は休みでした。

2001年3月6日、11時30分に千田さんからパン屋本店に電話がありました。
「13時にコーヒーの講習を受けたい。オーナーは居ますか?」という内容でした。

約束が出来た千田さんは12時25分発の“東町ターミナル行”のバスに乗りパン屋に向かいました。
しかし千田さんが次に目撃されたのは13時04分にサティ(現イオン)でした。

13時04分~13時26分まで化粧品売り場で買い物をせずに時間を潰している様子でした。
この時の千田さんの姿は防犯カメラに映っていました。

その後、パン屋に向かう為なのか13時31分発の中央・工大循環線(外回り)に乗りパン屋の近くのバス停の東通りに13時41分に下車したと思われます。
このバスには23人が乗っていましたが誰も千田さんを目撃しておらず一人だけ通学定期券を使用した人がいたので千田さんだったのではと考えられています。
13時42分、バスを降りてすぐに彼女のPHSに電話がきます。

当時交際中だったA君からの物でした。
A君に千田さんは「今、下に着いたよ」と話したそうです。実際にPHSのアンテナはパン屋周辺だった。
ちなみに下というのは室蘭市特有の言い方で市街地を下、千田さんが住んでいる白鳥台の事を山といっていたそうです。
13時46分、もう一度、A君が電話をかけると千田さんは「今、話せないから後でかけ直すね」と話して電話を切ったそうです。

A君は「千田さんは建物内にいる感じがした。切迫した感じはしなかった」と後に証言しています」
これが彼女の最後の言葉でした。
その後、いくら電話をかけても繋がらず千田麻未さんは失踪しました。

最重要容疑者

千田さんが失踪してすぐに最重要容疑が浮かび上がりました。
それはパン屋のオーナーのX氏です。

翌日の朝には警察から任意の事情聴取を受け所有している車や店舗を捜査されました。
しかし結果は千田さんに繋がるものは一つも出てきませんでした。

不審点

今回の失踪で不審な行動や言動などをしている人に焦点を合わせてみました。

オーナー

・オーナーに確実なアリバイがない
・事情聴取を受けた際、コーヒーの講習時間になっても姿を現さない千田さんを心配して探しに出た点です。普通なら電話をかけてから探しに出ませんか?入れ違いになる可能性だってあるのにです。
・パン屋が入っているビル自体がオーナーの持ち物なので監禁が出来た可能性。
・パン屋自体にそもそもコーヒー講習というものは無かったそうです。(従業員談)
・不思議な点は支店(千田さんが元々勤めていたところ)の店長が失踪後に自殺したとウワサが流れました。

千田麻未

・室蘭栄高校にファンクラブがあるほどの人気で他校の生徒もファンクラブに入っていた。
・ストーカー被害にあっていた。いたずら電話、メールが主だったが行き過ぎた行動に出た可能性。
・千田さんが万引きの常習犯とウワサがあります。理由はサティの防犯カメラの映像が5年後に公開された点です。また変にカットされている部分があり編集されていたのでこんなウワサがたちました。そして化粧品売り場以外の防犯カメラの映像は公開されてません。サティほど大きいところなら他にも映像があり事件性や自発的に失踪した手掛かりが写っている可能性があるのに公開しない理由が不明です
・そもそもバイトを始めたきっかけが家出や失踪の資金を貯めていたとするウワサです。室蘭栄高校はこの地域では進学校で千田さんの成績はトップクラスでした。なのに千田さんは看護学校に行きたいと両親と意見が合わなかったそうです。その事に嫌気が差し失踪した可能性があるそうです。

その他

・彼氏のA君ですが、千田さんの友人や同校の友人で知っている人が少なかった。
・A君の電話をかけているタイミングが異常に不自然。失踪直前に内容のない電話等
・当時、パン屋周辺の治安が悪かった。

警察の失態

・普段から大きな事件が起きない田舎のために初動捜査が遅れた。
・千田さんの失踪直後に警察犬の導入をしなかった。
・オーナーを任意同行した際に車と店舗などは確認したが、パン屋の入っているビルの2F、3Fが賃貸アパートになっていて当時、空室の部屋があったのにもかかわらず捜査しなかった。ビルのオーナーとパン屋のオーナーは同一人物でオーナーは空室になっている部屋に出入り可能だった。

その他の可能性

・パン屋本店には裏口に大きな駐車場がありその駐車場で事件に巻き込まれた可能性。
・パン屋本店の目の前のビルでは大規模な工事を行っておりトラックの出入りが激しかった。容姿端麗だったため目をつけられてトラックで攫われた可能性。
・成績が上位で人気者だった千田さんはそのこと自体がストレスで逃げ出したかった可能性。
・某まとめチャンネルの中で遺体を埋めたと名乗るものが現れる。同市の水元町の水源地に埋めたと供述するが定かではない。(警察は捜査していない模様)

まとめ

千田麻未さんが失踪して20年が経ちました。未だに事件なのか家出なのかはっきりとわかりません。
千田さんはとても几帳面でいつも手帳を持ち歩いていたそうです。その手帳が見つかれば問題は大きく進むと思うのですが、千田さんの持ち物すら未だに見つかっていません。
なぜ千田さんは約束した13時にパン屋ではなくサティに居たのか・・・

千田さんを知る人は「千田さんは絶対に遅刻をする人じゃない」と口をそろえて言います。
なので考えられるとすれば“誰か”から電話が来て「約束の時間を変えた」という見方が出来るんじゃないでしょうか?
そう考えれば「約束の時間までサティでブラブラしよう」となりませんか?コーヒー講習の約束をしたオーナーなら約束の時間を変えれます。

そして一時的に千田さんを監禁出来る部屋も準備できた。そもそも監禁部屋の準備で約束の時間を調整した可能性だってある。そしてオーナーに確実なアリバイのないところも怪しいです。
アリバイの供述も1回目は「千田さんが13時過ぎには来ると思って13時30分まで待ったが来なかったため、外出して15時には自宅に帰った。」だったのに2回目の供述では「13時30分に外出してその後、体調が悪くなりコタツで寝た(コタツの反対側には母親がいた)」に変わっている。

親族なのでアリバイとしては証明できなかったが、具合が悪いなら寝室で寝ないだろうか?北海道の3月はまだ氷点下の温度です。それをコタツで寝ると思いますか?
限りなく黒に近い存在ではあるパン屋のオーナーですが今現在逮捕はされていません。

最後に

今回は北海道室蘭市女子高生失踪事件を紹介しました。

みなさんの周りで普通に生活している友人や同僚が急にいなくなったら・・・
事件か事故か自発的な失踪なのかもわからず苦しみませんか?

理想は生きて見つかる事ですが、最悪な結果で発見してもちゃんと供養は出来るので早い発見を期待したいと思います。

※画像はイメージです。

最新情報をチェックしよう!