クレオパトラが北アフリカ戦線に!?漫画「パトラと鉄十字」

第二次世界大戦の北アフリカ戦線に古代エジプトの女王クレオパトラが現れる。
蘇ったクレオパトラが願うのはエジプト王国の再興、その願いを叶えようとクレオパトラはイタリア軍やドイツ軍に自慢の美貌を使って接近しますが・・・
ドタバタコメディな漫画「パトラと鉄十字」(真鍋譲治著・竹書房)を紹介します。

蘇るクレオパトラ

紀元前30年、クレオパトラは後に初代ローマ皇帝となるアウグスストゥスにより降伏を迫られる。アウグストゥスに屈服するのを拒むクレオパトラは毒蛇を使い自決します。
そして時は過ぎて西暦1942年
クレオパトラは蘇る。

周囲ではドイツ軍とイタリア軍の枢軸軍とイギリス軍が戦う第二次世界大戦の北アフリカ戦線での激闘が繰り広げられています。
そんな戦場にふらりと来たクレオパトラはイタリア軍中尉のマーカス・アントニオと出会います。

アントニオ中尉の憂鬱

アントニオは危険な戦場から連れ出したクレオパトラをイタリア軍の司令部に連れて行きます。
しかし自称エジプト女王クレオパトラについて話すアントニオは上官から戦闘神経症で後方へ下がりたいのかと怒られる始末

アントニオは上官から同盟軍であるドイツ軍と補給物資を分けて貰うよう交渉に行けと命じられます。
ちょっかいを出すイタリア兵をからかい、アントニオとのある事無い事を言い出すクレオパトラも連れてアントニオはドイツ軍との交渉へ向かいます。

砂漠の陸上戦艦

アントニオが向かうのはドイツ砂漠艦隊です。
この作品に登場する架空の兵器である陸上戦艦で編成されたのが砂漠艦隊です。アントニオは艦隊の司令官であるカイゼル将軍に燃料の提供を求めますが断られます。
失意のアントニオでしたがクレオパトラの要望である将軍への面会に渋々協力します。ドイツ軍の軍旗にクレオパトラを包みカイゼル将軍の所へ運びます。

古代ローマのカエサルを虜にした包まれた絨毯からの登場を再現したクレオパトラでしたが、上手く行きません。
エジプト王国再興に協力する英雄を探し求めるクレオパトラの野望は叶うのでしょうか?

ミリタリーだけどコメディな作品

本作の作者は架空のイタリアを舞台に軽戦車で戦う女戦車兵を主人公にした架空戦記漫画「重機甲乙女豆だけど」を描いた真鍋譲治先生
軍服に戦車や戦闘機などミリタリー描写は間違いありません、架空兵器である陸上戦艦の細かな描写もまた見応えがあります。
とはいえ今回は能天気なクレオパトラが主役なので全体的にコメディ調で進みます。

しかも水着にしか見えない格好なのでお色気要素もあります。
重厚な描写でありながら陽気な展開の今後が気になる作品です。

(C) パトラと鉄十字 真鍋譲治 竹書房

 

最新情報をチェックしよう!