ジオラマ作りに役立つ!pinterestでミリタリー写真探し

プラモ・模型

画像をブックマークのようにして集めることが出来る集めることが出来るwebサイト・pinterest(ピンタレスト)、もう使われている方もおられると思います。
このサイトの良い所は、海外のサイトにアップされている画像とかも検索して表示してくれるということだと思います。

私個人としても1/35のプラモデル製作(塗装とか、外装品の参考とか)の時、資料探しを兼ねてこのpinterestで写真を探してみていることが多いです。

そこで今日は、プラモデルの作成やジオラマ制作に役立つ、pinterest活用法を書いてみたいと思います。

キーワードは日本語でも可

pinterestは検索欄に探したいキーワードを入力するところから始まります。

自分の場合は、日本語で「ドイツ軍」「IV号戦車」など打ち込むと、それらに関係した写真、IV号戦車の写真でも、野戦の写真や博物館に展示されている車両など、IV号戦車に限らず検索結果として写真が表示されます。

また検索文字も英語、例えば「nazi」とすると、ナチス関連の画像、ヒトラーなど首脳の写真から党大会の写真など、いろいろな画像が表示していきます。

そしてpinterestの良い点(かな?)なのは、表示された内容をpinterestが記憶していて、2回目以降、以前検索した内容が写真表示に反映されているという点だと思います。また、表示された写真をたどり、他の写真を見た場合もそれらの履歴が次回以降の表示に反映されていることだと思います。

珍しい写真に見入ることも

自分の場合、独軍関連や「戦車」というキーワードで探したためか、写真にあるように自然と戦車関連の表示が多くなっているのですが、戦場での戦車の写真の場合、実際の大戦中に撮影されたもの、独軍側・連合軍側共に日常のスナップみたいなものから、報道班員が撮影したような戦闘時のモノ、そして戦場に破棄された車両やそれを見入る敵側の兵士たちの写真と模型作り、ジオラマ作りの資料で探していることを忘れて、ついつい見入ってしまうモノが多いです。

戦場写真以外にも、爆撃で破壊されたV号戦車(パンター)の工場や終戦を迎えて制作途中で放棄された?戦車が残っている工場の写真なども、検索結果として表示されたりしています。

無論、それらの中には既存の雑誌や書籍に掲載されているものとかもあったりします。有名なところでは、国会で演説しているヒトラーを俯瞰で撮影されたモノ(演壇の周囲にいるドイツ首脳や国会議員達が、ヒトラーに向けてナチ式敬礼をしている)もありました。

また写真も、モノクロのものから当時のカラーフィルムで撮影されたモノ、現在の技術で擬似カラー化されたものと新たな発見をすることもあります。

ミニタリーファンの方、特に大戦中の模型制作、ジオラマ作成をされる方には、このpinterestを資料探しの1ツールとして活用して欲しいと、そのようなことを思ったのでした。

もちろん、軍曹勢のみなさまの資料さがしにも。

「pinterest」はこちらからアクセス


Writing by るう
アニメ『ガールズ・アンド・パンツァー』で学生時代ぶりのAFVモデラーに復帰したアラファイ。
アニメでは京アニ作品(ハルヒ、けいおん!、中二病、響け!など)が好きです。