いまさらだけど「プライベートライアン」を観た感想

■ スポンサードリンク


アメリカで起こったノルマンディー上陸作戦をリアルに描写した本作は、スティーブン・スピルバーグ監督の戦争映画です。
個人的に戦争のリアルな描写が多く、視聴中はかなりグロテスクな描写もありましたが、戦争というものの真実をしっかりと描いていてよい作品だと感じました。

終盤においての橋でのシーンでは、今まで守り通してきた橋をどうして落としてしまおうとしたのか、いまいち理解はできませんでしたが、おそらくは橋がのこってしまうと敵軍に取られてしまうことを考えた最後の手段として、落とすことにしたのではないかと思いました。
集団での戦闘の描かれがちな戦争映画において、個々の人間の痛みを感じさせる場面が多いのがこの映画の特徴です。


(C)1998 プライベート・ライアン Paramount Pictures Corporation

今回見ていて思ったのは自らの死への恐怖からなのか、戦いを恐怖していたアパム伍長は戦争に行くべきではなかったと感じました。
戦争によって自分が殺されるかもしれないという恐怖はだれしも持っていると思いますが、仲間が殺されそうにまでなっている時、恐怖で二階に上がれずじまいだったのは一人の兵士としてどうなのかと思いました。

同時に彼からは結局人間は自分が一番大事なものだということも思っていやな感じになりました。
あの場面でもしもアパム伍長が乱入していれば仲間を助けることはできなかったとしても、時間稼ぎくらいはできたのではないかと思いました。
時には戦わなければ大事なものも守ることはできないということを感じた映画です。

プライベート・ライアン – 予告編 -youtube


Writing by TM

(C)1998 プライベート・ライアン Paramount Pictures Corporation

■ スポンサードリンク