MENU

初めてのガンプラ「RX-78-2 ガンダム」の想い出

当サイトは「Googleアドセンス」や「アフィリエイトプログラム」に参加しており広告表示を含んでいます。

ガンプラといえば子どもの頃、作っては遊んで壊してと色々な思い出が詰まった代物です。
今日は、そんなガンプラの想い出を語りたいと思います。

目次

最初に作ったガンプラ

最初に作ったガンプラは、旧キット 1/144 RX-78-2 ガンダムです。
その頃はガンプラブームでなかなか手に入れる事ができず、入荷日に早朝から模型屋に並んでようやく購入できました。今見るとちゃっちく感じますが、はじめてのガンプラはパーツが沢山あって、組み立てる事が出来るのかと悩んだものです。

さて組み立て始めるのですが、子供なのでニッパーなど知らず、ハサミで切ったり手でもぎってをランナーから切り離していました。
当時の組み立てには接着剤が必要で、キットのなかにはおまけ程度の小さな接着剤が付属するのですが、それだけでは全く足りません。
それにポリキャップなんて便利な物はないので、関節部分は慎重に接着していくのですが、子どもの技術力ではまず不可能です。それ以前に大人だって動くように上手く作れるかは解らないぐらいの難易度です。

脅威のメカニズム

さらにさらにです。いまでこそパーツに色がついていて、出来上がればそれなりになるのですが、当時は白一色。
説明書や見ながら色を塗らないとなりませんが、プラモ用の塗装カラーの事も知らず、小学校でつかっている絵の具で塗るものだと思っていて・・・散々な目にあいました。

何はともあれガンプラ製作は進んでいき、完成した時はアニメのガンダムとは程遠く、現実の厳しさを思い知ったのです。
それに旧キット故の可動部分の貧弱さ、これは体感した人しか伝わらないでしょうが、肩の部分が構造上の悪さで接着剤が染み込んでしまって動かない。膝が曲がってくっついてしまって立たせることすらできない。
間の抜けたガンダムとなってしまったのでした。

出来上がった僕のガンダムをみて、助け舟を出してくれたのは近所に住んでいて、時々遊びに来る親戚のお兄ちゃん。
ニッパーがなければ爪切りで代用できるだの、ゲートの跡は爪きりについているヤスリで削って整える。
足に重りを入れて重心を作るなどの改造方法や塗装の仕方も教えてもらい、お兄ちゃんはプラモづくりのプロだと錯覚したものです。

ガンプラは楽しい!

そこから僕の本格的なガンプラづくりがはじまったのでした。
友人からプラモ狂四郎の事を教えてもらい、コミックボンボンを買っては真似してたり、無謀にも地元の模型屋さんのコンテストに応募してみたり・・・ちなみに自分では上手いとおもっていたのに何の賞もとれず、またもや現実の厳しさをしったのです。

お小遣いのすべてをガンプラに費やしザクやドムを購入し、マゼラアタックなどを作り、どんどんとのめり込んでいったのでした。
まあいつまで経っても、プラモ狂四郎みたくに改造は出来ませんでしたが・・・。

ガンプラには様々な思い出とともに、改造や塗装など作る楽しさを教えてくれた宝物だったと思います。
今のガンプラと比べても、あの微妙なフォルムの機体に愛着を感じます。
またいつか作ってみたいものですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも感想を書いて!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次