「聖剣伝説2」のちょっとした事件

スーパーファミコンソフト「聖剣伝説2」は小学生の時クラスメイトである友達に借りたソフトです。
私がそれまでプレイしてきたのは、マリオやドラクエのようなものばかりで初めてのアクションRPGでした。
RPGのモンスターを攻撃したり逃げたりが自由にできることに感動し、すぐにはまって夢中になってプレイしたのを今でも覚えています。
そんな時にちょっとした事件がありました。

目次

借りたソフトなのに・・・

ある日ゲームをプレイしようとしたら、なんとタイトルのシールがはがされ、みすぼらしくなっていました。
犯人はまだ幼い妹、怒ったのですがどうにもなりません。

そのことを知った父は借りたものだからと、新たにそのソフトを買って返すことにしました。
中古でそのソフトを買って友達に謝ったのですが、これぐらい大丈夫と快く許してくれて元のソフトを受け取ってくれたのです。
それでその中古のソフトは我が家のものになったのでした(笑)

仲良く3人で

それからまた遊ぶのですが、新たにコントローラーを買ってもらって私と弟と妹の3人で遊びます。
私が主人公のランディ、弟が仲間のポポイ、妹がヒロインのウェンディを操作し冒険を繰り広げました。

兄弟3人で遊んだことなんてそんなにないので、今でも良い思い出です。
それから「聖剣伝説2」は今までに何度かリメイクされましたが、どれもマルチプレイで遊べるようにはなっていないようなのが残念。
今は一か所に集まって同じゲームをするというスタイルは流行らないですが、ネット上で一緒に遊べるシステムがあってもいいなと思います。

(C) 1993 聖剣伝説2 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる