初めてプレイした「スーパーマリオブラザース」に感動した日

ファミコンが欲しかった中学時代。
今思うと・・・シンプルでゲームの内容も単純・・・でもそこには今に無い物があったように思います。

ファミコンが発売した衝撃

今から35年前、世間はファミコンゲームに夢中になっていた時代、ゲームセンターのテーブルゲームに座り、「パックマン」や「インベーダーゲーム」をしていた中学生の僕。
そんな時、任天堂が世に出した「ファミリーコンピューター」・・・通称「ファミコン」は、10代の若者にとって衝撃だったはずです。

ゲームセンターにあるゲームが、テレビでプレーできる家庭用ゲーム機として多くの人が注目しました。
しかし、当時の値段で1万円ちょっと・・・大人ならともかく子供では、誕生日やクリスマスなど特別な行事でもないと購入出来る人は少なかったはずです。

ファミコンが大人気だった中学時代

僕が中学時代、クラスでファミコンを持っていたのはせいぜい5~6人だったと思います。
それだけ高価で珍しかったゲーム機として、欲しく憧れた僕ですが、「ファミコンが欲しい」と言って買ってくれる親ではなく、お金に余裕もない中学時代。

学校に行くとかならずファミコンゲームの話題が出て、持っている友人を中心にさまざまなゲームの話で盛り上がっていました。
カセットをすでに10個以上持っている人もいて羨ましく感じたものです。

親戚の家で初めてファミコンをする

そんな僕は、ファミコンは持っていませんでしたが、ゲームウォッチは持っていたものです。
種類「ミッキーマウス」、落ちてくる卵をキャッチするゲーム。
しかし、心の中にはファミコンゲームがしたく悶々とした毎日を過ごしながら、正月になりお祖母ちゃんの家へ家族で泊まりに行く事になります。

隣に住む親戚のお兄ちゃんに会いに行くと、なんと部屋にファミコンが置いてありました。
8歳年上のお兄ちゃんが、「ファミコンしていいぞ」と、言ってきて初めてプレイする事になった僕。

1番遊びたかった「スーパーマリオブラザース」もあり、早速ゲームを始めてみました。
スタートした瞬間、マリオのテーマ音楽が流れて感動をします。

「タタタ タタ タッタ」

まさしく、あの憧れの音、リズムが堪りません。
そして、スーパーマリオブラザースと言えば、隠れキャラがあり知っていたキノコなどを取っていきます。

結局、家に帰るまでの3時間ほど、ファミコンを楽しみました。
やっぱりテレビでゲームが出来るファミコンは、当時は面白く飽きないものでした。

そして今

数年前、「ファミコンクラッシック」が発売された時、当時を思い出し購入を考えましたが、カセットが入れられないので断念をした僕。
35年経った今、時代はソニーのプレイステーションなどに移りましたが、ファミコンは僕にとっては今でも憧れのゲームです。

最新情報をチェックしよう!