MENU

日本における領土問題

日本は、平和に見えて実は沢山の問題を抱えています。北朝鮮による拉致、ロシアによる北方領土、尖閣諸島をめぐる中国との争い、また韓国とは竹島の領有権をめぐる問題があるのです。竹島は戦後の混乱期に不法占拠されました。

目次

竹島の歴史

竹島とは、日本と韓国が領有権を主張する、日から竹島は日本の領土であった事は明白、2月22日は竹島の日として島根県松江市において記念式典が開かれています。

何故、竹島は韓国領土になったのかそれはさかのぼる事、大東亜戦争において日本が敗戦し、1945年までは日本領土であった竹島を独島義勇隊と名乗る民兵組織が竹島に不法侵入し支配下においた、1953年には日本の巡視船に攻撃、その際44名死亡、3929人の日本人が負傷しています。
そして民兵組織から韓国海洋警察による支配が続く異常な状態であります。現在は国際司法裁判所で領有権の裁判が行われている。

駐留する韓国の戦力

竹島は大韓民国海洋警察、海洋水産部を管理下に置き、軍に準ずる韓国国家警察慶北警察、独島警備隊40名と灯台管理の為の海洋水産部3名が常駐し竹島の軍事要塞化を進めている。また韓国海洋警察や韓国海軍が竹島の周辺を常時警備している為、日本の巡視船も竹島周辺海域に入る事は出来ない。

日本政府の再三の講義にも関わらず、灯台、ヘリポート、レーダ施設や船舶の接岸施設そして民間の漁民2名が常駐している、日本国内での竹島への関心が低い事がこの韓国の支配を容認しているといっても過言ではないのです。

また韓国は自国の実効支配を強化するため、竹島の観光ツアーなどを行い国民への啓発活動を活発的に行っている。そして竹島に民家人を移住させようともしている。

日本は、江戸時代からの竹島での漁を記載した文献を世界に公表して日本が古くから漁場として竹島を使用し日本固有の領土である事をアピールしている、島根県松江市には、竹島が日本の領土である文献などを展示した、啓発センターがあります。韓国側には竹島の存在さえ記す文献は何一つないのです。紛れもなく竹島は日本固有の領土なのです。

竹島問題とは?

日本には領有権の問題があるります。それは、北方領土、尖閣諸島、そしてこの竹島です。
竹島は江戸時代より日本人が漁をしてきた日本固有の領土であり、残念ながら現在は韓国の無謀で無法な実行支配下にあります。兎角現在、中国の覇権主義で尖閣諸島に目を奪われがちでありますが、忘れてはならないのが竹島です。

竹島は日本海に位置する島根県の隠岐島の北西に位置する。男島、女島と呼ばれる二つの島から構成されています。韓国はこの日本固有の領土竹島を独島と呼称しまた世界地図にもその表記をしようとしている。

竹島周辺はとても豊かな漁場であり日本にとってとても大切な島であり領土である。竹島から隠岐島は157キロメートルであり。竹島が日本に戻れば日本の領海は広くなり豊かな海洋資源も日本の物になります。残念ながらこの竹島の返還を望むが、韓国の実行支配下の現在はなかなか交渉が難しいのが現状でありまた、韓国と外交する上での懸案事項なのです。

※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる