やっときた!これがファミコン!!

あれは私が小学校3年生の頃・・・
我が家に欲しくて欲しくて仕方なかったファミコンがやっときました!

私の両親はとても厳しく教育熱心だったので、当時流行っていた任天堂の「ファミリーコンピューター」は買ってもらえず、兄弟3人で何度お願いしても「勉強に差し支えるからダメ!」の一言で一蹴されてきました。

学校に行けば、ファミコンを持っている人がほとんどで、休み時間の話題は「あれがおもしろい。」などのファミコンネタばかり、友人たちはカセット(今でいうソフト)の貸し借りをして楽しそうにしていました。

学校のそういう状況を兄弟で熱心に両親に説明し、自分たちのお年玉で買うこと、3人で1日1時間しかやらないこと、勉強は決められた時間必ずすること、成績が落ちたり、約束を守れなかった時には連帯責任で3人ともファミコン禁止、そして没収という 今考えればかなり厳しい約束を前提にやっと了解を得て、やっと我が家にもファミコンがやってきました。

最初に買ったカセットはゼビウスでした。

ナムコから出たシューティングゲームで、飛んでくる敵機や地上兵器を破壊しながら次のステージに進んでいく非常に単純なゲームでしたが、これが一番私のお気に入りでした。

次に買ったのはアイスクライマーでした。

これは任天堂から出たアクションゲームで、ブロックを壊して階層状になっている山の頂上を目指すものでした。これは2人同時にプレーできるので、協力しあったり、邪魔をして自分だけクリアしたりすることもできるので、兄弟で楽しく遊んだ記憶があります。

そして次に買ったのがゴルフでした。

(C) 1984 ゴルフ 任天堂

これは任天堂から出たスポーツゲームで、1回目にボタンを押すとスイングが始まり、2回目でショットの強さを決めて、3回目でボールの曲がり具合を決めるというものでした。

私はこれはあまり好きではなく、ほとんどやったことはありませんでした。

ある日、深夜に「ウッ、ウッ、ウッ」という声が聞こえて目が覚めました。
「なんだろう??」と不思議に思いドキドキしながら部屋から出ると、なんと父親がファミコンのゴルフで遊んでいる後ろ姿が・・・

どうやら父親もファミコンをしたかったようで、ただ子供には猛反対して厳しい約束もさせた手前、子供の前では遊べなかったため、子供が寝静まった夜中に毎日こっそり遊んでいたそうです。

私のゲームの思い出は、あの時の父親の背中です。


Writing by Puu

ポコポコとツムツムが大好きです。

最新情報をチェックしよう!