戦中体験者からのちょっとした話 その8 ~内地編 その3~

語り継ぐ

以前掲載いただいた「内地編」第3弾です。
私の周囲の人達が聞かせてくれた、国内の様子を集めてみました。

空腹は最良のコック・・・とはいかない

戦時下での、現代なら口にすることもなさそうな食材に関する話です。

コーリャン

言わずと知れた、戦時中の食材代表です。
御多分に漏れず、私の両親ともども
「戦時中であることを差し引いても不味くてたまらない」

「戦争が起きると生活状況はどう変わるのか」を思い知らされる、当時を象徴する食べ物だったそうです。

オオバコ

道端に生える、ハート形の葉でお馴染みの雑草。

母曰く「野菜が無いから、湯引きにして食べていた」とのことですが、戦時下では悠長に料理も出来ません。
「とにかく苦かった」のだとか。

アカエイ

父からの話。
朝鮮半島では珍重されますが、日本では馴染みの薄い魚です。

しかし、戦時中は食料も漁船も軍へと回されますし、まして空襲が始まると小舟すら戦闘機の銃撃に遭い、漁もままなりません。
結果、普段食べようとも思わなかった魚が食卓に上りますが――自分達が飢えていたにも拘らず「恐ろしく不味い」としか思えなかったのだとか。

エイの肉は強いアンモニア臭を持ちます。
それを上手に処理する方法もあるのですが、当時の状況下でその様な手間を掛ける余裕は無かったのです。

イシガメ

父からの話。
なにせ食べるものが無いものですから、悪友たちと悪ふざけ半分、ヤケ半分の気持ちになりました。
「スッポンが食えるんやったら、これも食えるやろ」
そう言いながら池に赴き、亀を捕って煮物にしたそうです。

その結果
「硬くてカメまへん」
駄洒落で気を紛らわすしか無い程に、燦々たる結果だったとか。

都合の悪い話

戦中の報道や教育に関する話です。

いなくなった顔

私の母は開戦時小学1年生でしたが、真珠湾攻撃翌日の新聞掲載写真をはっきり覚えているそうです。
集合した10人の中で、ひとりだけ顔をくり抜かれていることを。

それは真珠湾攻撃時に全滅した、特殊潜航艇部隊隊員の集合写真です。
消された顔は、坂巻少尉。ひとりだけ生き延び、太平洋戦争捕虜第1号となった人物。
戦死した他の隊員が軍神として掲載されたのに対し、米軍に捕まったことで国の恥とされました。

その坂巻少尉は戦後、トヨタのブラジル支社長に収まっています。

See page for author [Public domain], via Wikimedia Commons

英雄と極悪人

私の父は小学生の頃、歴史の授業で、こんな風に教えられたそうです。。

「この人達は、お前らも模範にすべき理想の人物だ」
「逆にこいつらは、憎むべき極悪人だ」

前者は、楠木正成、真田幸村、山中鹿之介。
後者は、足利尊氏、井伊直弼。

前者は、主君のため勝ち目のない戦いに赴き、散華した人物。
後者は、天皇に弓引いた男と、アメリカへ屈服した男。

それらによって、授業での人物評価をなされたのです。


Writing by MK

昭和40年代の大阪ミナミ生まれ。

「ウォーゲーム」世代。
好きな作品は『アラモ』(『月刊 Tactics』付録)

最近、高齢者の方々との付き合いが出来たため、新たなネタを引き出せないかと画策中。