MENU

ホテル活魚(油井グランドホテル)

  • URLをコピーしました!
目次

概要

その建物はラブホテル風の外観で通称「ホテル活魚」と呼ばれている。正式名称は「油井グランドホテル」というラブホテルとして1980年頃に開業しました。しかし、カップル間での刺殺事件や首吊り・焼身自殺が続発し1995年頃に閉業します。その後、活魚大衆割烹として営業を開始するが1998年に閉業してしまいました。ウワサでは活魚閉業後に、少しの間モーテルとして営業していたそうですが真意は定かではありません。
現在は廃墟ですが、市が管理しており立ち入り禁止です。

もともと立地が悪く、周りは畑と林なのでラブホテルとしては良かったのかもしれませんが、魚を売りにする飲食店向きではなかったようです。ラブホテルの時に起きた刺殺事件・自殺者の話で心霊スポット化していました。そして、関東最強心霊スポットになった原因は、2004年に起きた強姦殺人事件が大きいと思います。女子高生一人を男5人がかりで連れ去り、強姦したのち絞殺。死体を隠すのに大型冷蔵庫に押し込んだのです。

無残にも殺害された女子高校生は、今でもホテル内を彷徨い続けているそうです。
事件との関係性は解りませんが、ポルターガイスト現象や霊臭がすると言われています。

スポット考察

ホテル活魚の付近は周りが林と畑に囲まれ、とても寂しい所にある。故に、地元の若者(不良・暴走族)が出入りする要因になったと思われる。心霊スポットの廃墟には不良グループがたむろする傾向があり、出入り口の閉鎖や侵入者を防ぐように周辺の巡回パトロールを怠った結果、最悪の殺人事件に発展したのであろう。

現在も廃墟のままでゴミだらけ、ろくな供養されず怨念を残した霊を媒体として、周辺の怪異が集まってきていると推測している。少なからず女子高生は悔いを残して亡くなった場所にもかかわらず、落書きや人為的破壊が多く、敷地内には大きいものではワンボックスカーを不法投棄しゴミなども散乱。自分が最後の時を迎えたところが、荒れ果ていたら成仏などできないのではなかろうか?

※画像はイメージですが、ライター様から提供して頂いたスポットの写真の場合もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる