本当にあった!ある夜の不思議な出来事

あなたはこの世の不思議に遭遇したことがりますか。
この世には目に見えないものがあなたの近くにいることをしっていますか?

ある日の夜

ある日の夜、飼い犬がものすごい勢いで吠えているのに気が付いた。
誰か来たのかだろうか?
こんな遅い時間に?
時計は夜中だった。

あまりの勢いに私は上の息子に見に行くように伝えた。その時何かいる気がしたので写真も一緒に取るように伝えた。
上の息子は言われるままiPhone片手に玄関を出ていった。
飼い犬は外で飼っているので、飼い犬が吠える方にiPhoneのカメラを向けて写真を撮ったようだ。

不可思議な写真

息子が戻ってきた。iPhoneで今撮影した写真を確認してみると、主人の車を覆うように不可思議な写真が撮れている。
息子は何も見えなかったようで、見えないということはやはり恐ろしいことだとその写真を撮って初めて本人も気づいたようだが、そばで撮影して家に連れてこなかっただけでもよかったと思う。

合成でもアプリで作ったのでもない、何かが舞い降りてきたようなその写真をみると、主人の車には車を貫いた電柱のようなものが刺さっているようにも見える。

その後

その写真を撮ってから夜主人が仕事に出かけた、いつものように送り出す。
送り出してすぐ、携帯が鳴った。

主人からだった。何か言い忘れたことでもあったのかと思い出てみると・・・
「事故した」
「はぁ?どこで?」
「保育所の近く」
後ろでは救急車のサイレンが鳴っている。
「救急車来てるやん」
「ワシや」
「はぁ~!何しとん!!すぐ行くわ」

電話を切って駆け付けると、主人の車も相手の車も田んぼに突っ込んでいた。
警察も着ていたが、警察の聴取で相手方が話していたことが、「くるの見えてたんやけどな」わかってたら減速するなりせぇよ!と心の中でどなった。

車を見ると、前はぐちゃぐちゃ。
こりゃ廃車やなと。
すぐにレッカーの手配をして到着するのを待った。

相手の車は軽四じゃないので、まだドア直したら乗れそうだった。
この事故では左から当たっているので、こちらが悪いことになってしまったが、死ななかったのが不幸中の幸いだろう。

例の写真が関係しているのだろうか?

例の写真が関係しているのだろうか?この車他にも鹿に追突されたりして修理している。
それも住宅街の中にある広場のようなところから鹿が山に帰る途中だったのか横切ってきたらしい。

例の写真では車を覆っていたところを見ると、やはりあの写真が関係しているんじゃないかと思わずにはいられない。
一体、あれはなんだったのだろうか?専門家にもまだ見せていないので何なのかはわからないままだが・・・

最新情報をチェックしよう!