不朽の自由作戦2001年~アメリカのアフガン戦争の始まり~(2)

911事件の首謀者を匿っているとして、アメリカなどの有志連合は2001年10月にタリバン政権のアフガニスタンを攻撃します。
空爆に続いて、特殊部隊がアフガニスタンに進出します。

グリーンベレー活動開始

空爆に続いて、ウズベキスタンからグリーンベレーがナイトストーカーズと言われる第160特殊作戦航空連隊の輸送ヘリMH-47でアフガニスタンに進出します。
グリーンベレーは幾つかのチームに分かれ、北部同盟の軍団を支援する。ODA555と言うチームはファヒム・カーンと言う指導者を、ОDA534はモハメド・アタを、ODA595がアブドル・ラシド・ドスタムを支援した。

こうしてアメリカと北部同盟による連合が組まれ、地上戦が始まります。
映画「ホース・ソルジャー」で描かれた、馬に乗り戦うグリーンベレー時の姿はこの時のものです。

マザリシャリフ攻防戦

2001年11月、北部同盟はアメリカから武器や軍資金の援助を受け、タリバンに対する攻勢を開始します。
北部同盟はアフガニスタン北部でタリバンが支配する都市、マザリシャリフを攻略する事を決めます。
タリバンもマザリシャリフを取られまいと、タンギ峡谷に部隊を展開させます。

アメリカ軍はグリーンベレーの誘導によりタンギ峡谷のタリバン部隊を空爆します。この空爆でタリバン部隊は大打撃を受けます。
11月10日にドスタムとアタの北部同盟軍団は空爆の支援によりマザリシャリフを陥落させます。

終わらない戦いの始まり

マザリシャリフの陥落が目前の時にアフガニスタンの首都であるカブールも北部同盟が迫ります。
支援しているグリーンベレーが要請した空爆がここでも大きな威力を発揮した。
首都を守るタリバン軍は空爆で混乱、北部同盟のカーンが率いる軍団が突入し、浮足立つタリバン軍をカブールから撃退した。

11月13日にカブールが陥落し、戦況は北部同盟とアメリカを中心とした有志連合の優位に進みます。
12月にはタリバンが抵抗続ける根拠地になっていたアフガニスタン南東部のカンダハルとトラボラを陥落させてアフガニスタンのタリバン政権は崩壊します。
しかし、タリバンやアルカイダのメンバーはアフガニスタンとパキスタンの国境がある山岳地帯へ退き抵抗を続け、翌年2月からのアナコンダ作戦で掃討されるまで戦いは続きます。

アメリカにとって肝心なビンラディンはトラボラが陥落する前か、アナコンダ作戦の渦中でパキスタンへ逃れてしまいます。
アフガニスタンの戦いに勝つ事は出来ましたが、ビンラディンやタリバン・アルカイダのメンバーは逃れてしまい、20年の戦いの幕開けになってしまうのです。

eyecatch source:English: Staff Sgt. Jason Epperson, U.S. Army, Public domain, via Wikimedia Commons

参考文献
図説現代の特殊部隊百科 リー・ネヴィル著 坂崎竜訳 原書房
ミリタリーナレッジレポーツVOL5 アフガン戦初期の特殊部隊の作戦・戦術・装備 友清仁著
世界の特殊部隊作戦史1970-2011 ナイジェル・カウソーン著 角敦子訳 友清仁監修 原書房
戦場の特殊部隊 アレグザンダー・フティルウェル著 伊藤綺著 原書房

最新情報をチェックしよう!