本当にあった装備の怖い話

■ スポンサードリンク


そうそれは・・・とあるメーカーがモーゼル98kを発売した時でした。
それがまさか・・・あんな事件を引き起こすとは誰も予想だにしていなかったのです。

モーゼル98kが発売!

その昔、あるメーカからモーゼル98k発売され当時は凄い!と思ったものですが・・・まあ当時のそのメーカーときたら・・・コレクション的にもサバゲに使うのも微妙で、買ってはみたものの御蔵入りしたもので・・・

それからずいぶんと時間がたって、あのクオリティの高い某メーカーから発売されるという事を知り、仲間内で話題となり、みんなこぞって予約して購入したのでした。

そして実際手にしてみると、思いのほか使えるというのが判明。
なんだか皆で盛り上がって、ドイツ軍合わせだ!という流れになったのでした。

装備を揃えよう

そんな事になり、私は長い付き合いのある、行きつけの払い下げ品の店に相談してみる事にしたのです。

運が良いのか悪いのか、丁度、とあるコレクターが一式放出して持ってきたのだけれど・・・まあ品物が品物だけに、早く処分したいので持って行ってくれるのあれば安く出す!という提案を。

サイズもピッタリだったので、即買。
比較的程度の良い、ほぼほぼ実物装備が格安で手に入り、これは次のゲームはイタダキ!と喜び勇み足で帰宅したのでした。

そしてその夜

装備を点検して、なんだかブーツが湿っぽいとちょっとした異変に気が付くのでした。
そのときは、古い物だし保存状況も解らないので新聞紙詰めて陰干ししておけば良いや程度にしか思わなかったのでした。

ところが・・・・

寝たあと、なぜか枕元で「ザッザッ」と行進しているような音と、心なしか軍歌を歌っているような声が聞こえ、目が覚めてしまったのです。
そもそも幽霊の類は全く信じていないので、余程嬉しいのだろうとぐらいしか考えていませんでした。

ところが・・・・

次の日の夜も、また次の日の夜も、同じ現象が続き、いくらなんでもおかしいと思い、購入した店に相談しに行くと。

店のオヤジが言うには

開口一番「やっぱり出たか・・・」

驚いて文句を言うと、とあるコレクターが亡くなった物を遺族の方が持ち込んだ物なので安く出した。
遺族の方が言うには、そもそも曰く付きの物であるらしく、亡くなった方も手に入れてから調子が悪くなったんじゃないか?とも思うのだけど、因果関係は解らない。でも、やはり気持ち悪くてという事でした。

「えーなんでそんな物を」と問い詰めると、君、そういうの大丈夫そうだし(根拠はなくけど)、お店に置いておいてもなんとも無かったので大丈夫だと思ったから。

ところで店長、お店には住んでないでしょう?と問いかけると、もちろん自宅は他にと。
それだ!!という事で返品、全額返却してもらうのでした。

その後・・・

仲間に話すと、なぜか皆ちょっと怖くなった意気消沈。
とりあえず何人かは、ドイツ合わせしたのでした。

そして、その問題の装備、どうしたのかは聞いても、教えてくれませんでした。
旧ドイツ装備を集めている方・・・次は貴方に巡り巡ってくるかもしれませんよ。


Writing by サバミリ管理人

■ スポンサードリンク