ミリタリー好きには是非見てもらいたいロシア映画「T-34」

戦車好きのみならず、広くミリタリー好きにお薦めしたい戦争映画が「T-34」です。

ロシアで2018年に公開された戦争映画で、作品名の示す通り当時のソ連の主力戦車「T-34」による独ソの戦車戦を描いた作品です。
リメイク作品ですが、本作は最新のSFXを用いた戦車戦の描写がなんとも言えない臨場感を見せてくれる仕上がりとなっています。

独ソ戦につき敵であるドイツ側の戦車も「三号戦車」や「四号戦車」、「パンター」など多彩な戦車が登場しています。
最近の映画なんだなと感じさせられるのは、その戦闘シーンの描写です。
かつて一世を風靡した映画「マトリックス」で銃弾を避けるキアヌ・リーブスの様子をスローモーションで見せる場面があったと思いますが、あれと同じような描写を戦車戦の中での戦車砲弾に対して行っているのです。
手に汗握る敵味方の戦車砲弾・徹甲弾が回転しながら飛んでいく軌跡をスローモーションで表現しており、見応えのある戦争映画となっています。

主人公はもちろんソ連軍の戦車兵。
一旦ドイツ軍の捕虜となった彼らが、砲弾を取り上げられた「T-34」で演習の的にされるところ、隙を見て僅かな砲弾を入手して逃亡するという脱走劇から始まります。
なんとか逃げおうせた彼らは、その後もドイツ軍と激しい戦車戦を戦いますが、序盤で「T-34」に苦しめられたドイツ軍がその傾斜装甲などを模倣して作り上げた「パンター」を投入してきます。

クライマックスとなるこの「パンター」との戦車戦ではさしもの「T-34」も遠距離からの砲撃では仕留めることが出来ず、手に汗握る接近戦が展開されていきます。
実際の独ソ戦では、盛り返したソ連軍は圧倒的数量の戦車を投入してドイツ軍を撃退した訳ですが、そこはロシア映画につき主人公らの奮戦でなんとかドイツ戦車を斃していくという、ガンマン同士の対決のようなストーリーで進んでいきます。

アメリカ映画とはひと味違う戦争アクションとしてお薦めです。

(C) T-34 レジェンド・オブ・ウォー Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

最新情報をチェックしよう!