初心者でも大丈夫!火山活動中の山、焼岳への挑戦!

アウトドア

あなたは山頂で味わうあの達成感をしっているでしょうか?

長い険しい道のりを登り終えたからこそ感じるもの。
まだかまだかと登り続け、最後に見るあの景色は写真で見る以上に感動します。

今回は登山初心者の私がハマった焼岳の魅力をお伝えします!

何度も行きたくなる遠い道のり

長野県にある上高地。

そこは普段の生活では見ることのない大自然、聞くことのない鳥のさえずり、話す機会のない人々、嗅ぐことのできない木々の香りがあります。

長野県松本市。
そこから上高地までは電車からバスへ乗り継いで行くか、バスのみでも行くこともできます。人数が多ければ、タクシーに乗って上高地へ行くのもおススメです。

上高地は自然を守るために交通規制がされていて、マイカーで行くことはできません。自然に配慮されている点でも素晴らしい景色があるのではないかと想像が掻き立てられますよね。

初めて訪れたのは

私が初めて上高地を訪れたのは5年前の6月。まだ朝晩は冬のような寒さが残りますが、日中は過ごしやすい風を感じることができます。

観光客でにぎわうには少し早い時期ではありましたが、さすがは上高地。登山客の訪れは季節関係ありません。

私が最初に目指したもの・・・それは上高地へ行ったら、まず最初に目にする焼岳。
焼岳は日本名山の一つに選ばれており、今もなお火山活動中なのです。

危険な火山性ガスを放っているため、山頂付近では立ち入りが制限されている区域もあります。

それが南峰です。必ず登山前には情報を収集し、危険な場所があることも忘れないでください。山頂から1時間ほど上高地側へ下れば焼岳小屋もあるので、そこで情報を得ることもできます。

難所もちらほら

焼岳の登山ルートはと言うと北アルプスの中では初心者向けではありますが、一般的なガイドブックを見ると中級になっているため油断は禁物です。

所々にある急斜面をはしごで登ったり・・・という場面もあります。

少々難のある山道を登ったあとは、視界が遠くまで広がる箇所になります。
そこから見る景色は最高で、今までの辛かった道のりが一瞬で忘れられる思いになります。

上から見る上高地の景色は、また絶景で初めての登山でこのレベルの山に登ったことに感動を覚えます。

あとはひたすら山頂までは岩道を登っていくだけです。
昼過ぎ頃には雲が出てくるので雨が降ったりと天候が不安定になるため、山頂には昼前には着く計画が必須です。

山頂では

焼岳の山頂はそこまで広いスペースはないので、ゆっくりできるものではありませんが、王道のカップラーメンを作って食べている人もちらほらいました。

帰りは中の湯温泉の方面に下山すると、登りの時よりもゆるやかになり楽ですし、何と言っても帰りはすぐに温泉に入ることができます。
北アルプスに挑戦したことがない人でも、まず焼岳に挑戦してほしい!

登山で新しい何かを発見してほしいと願っています。


Writing by カミコウチ

北アルプス、焼岳にハマっています!

※写真はイメージです。