小さな豆戦車が大活躍!「重機甲乙女豆だけど」

■ スポンサードリンク


戦車の戦いを漫画で見てみたい。
激しい戦車戦の戦記が読みたい。
そんなアナタにお勧めの漫画があります。
それが真鍋譲治先生の「重機甲乙女豆だけど」です。

舞台は架空世界のイタリア

数々の王国や共和国に分裂しているイタリア
そこへオスマントルコが攻めて来てイタリアの諸侯がローマ法王の号令により神聖同盟が結成される。
その同盟軍に参加する一つにガルマ侯国がある。

ガルマは領主のジョヴァンニ・ダンピアーノ侯爵により女性を多く採用した軍隊を作っていた。
そんなガルマ軍の女戦車兵にアンリエッタ・ペチーノが居る。
陽気で細かい事は気にしない彼女を主人公に物語は進みます。

(C) 重機甲乙女 豆だけど 真鍋譲治 週刊漫画TIMES/芳文社

豆戦車で大活躍

ペチーノが乗る戦車はL1戦車チャリオッツである。
重量6.5トンの小さく攻撃力も37ミリ砲とあまり強力では無い2人乗りの豆戦車だ。
そんな戦車でオスマン軍の重戦車とペチーノ達は戦うのだ。

重戦車に豆戦車じゃまともに戦っては勝てない。
豆戦車の身軽さ小ささを武器にペチーノは重戦車に挑みます。
縦横無尽に跳ねるように走り回る豆戦車の描写は見応えがあります。

見どころ

これまで成人向け漫画を多く描いていた真鍋先生の作品だけあり魅力的な女性キャラが多く描かれています。
主人公のペチーノをはじめ姐御肌な戦車中隊長のリリアとシンシアに司令官代理を務めるジョヴァンニの妹であるシスコンなメリッサなどが作品の華となっています。

女性キャラが多めでも萌えよりも燃えの部分が大きい作品です。
戦車戦だけではなく戦艦が登場する海戦も描かれたりと萌えよりも燃えの人でも満足できる作品になっています。

(C) 重機甲乙女 豆だけど 真鍋譲治 週刊漫画TIMES/芳文社

追い込まれるイタリア結末は・・・

圧倒的な戦力で攻めるオスマン軍に神聖同盟軍は追い込まれます。
奇策でオスマン軍に勝利していたガルマ軍もオスマン軍の猛攻にとうとう大きな損害が出てしまいます。
ジョヴァンニは単独で大胆な行動に出て物語は大きく動きます。

果たして逆転はなるか!?
ペチーノは生き残る事はできるのか!?

結末まで楽しめる小さな豆戦車による戦争活劇は戦車好きにお勧めしたい作品です。
芳文社から全7巻で発売中です。


Writing by  葛城マサカズ
歴史やミリタリーの記事に架空戦記小説をネット上で書いています。

(C) 重機甲乙女 豆だけど 真鍋譲治 週刊漫画TIMES/芳文社

■ スポンサードリンク