CATEGORY

歴史にまつわる話

  • 2019-07-27
  • 2019-07-28

ミッドウェー海戦の敗北から日本海軍は何を改善したのか?

太平洋戦争の流れを変えたと言えるミッドウェー海戦で日本海軍は空母4隻を失う敗北をします。 そこから日本海軍は何を改善して次の戦いに挑んだのでしょうか? ミッドウェー海戦で日本海軍は何故負けたのか? 昭和17年(1942年)6月5日のミッドウェー海戦で […]

  • 2019-07-24
  • 2019-07-31

インパール作戦のもう一つの顔

インド・インパールの英軍を駆逐しようとしたインパール作戦は、日本では帝国陸軍戦史、史上最大の汚点とされています。 しかしそのインパール作戦には全く違った一面がありました。 インド国民軍 インドの独立といえば非暴力・不服従のガンディーが有名ですが、対照 […]

  • 2019-07-20
  • 2019-07-31

イタリア戦線を総指揮したケッセルリンク空軍元帥(2)

地中海戦域の司令官である南方総軍司令官となったケッセルリンク空軍元帥 連合国軍によるイタリア上陸により調整役から戦線を指揮する司令官としての役目が主になります。 前回に引き続きケッセルリンク元帥のイタリア戦線についてです。 イタリア軍の武装解除 19 […]

  • 2019-07-18
  • 2019-07-31

鉄砲が甲冑を駆逐した

甲冑は身体を守る為のものです。当然、武器の変遷に応じてその形態は変化していきました。 甲冑の衰退 武器が刀、槍、弓矢などだった時代には、甲冑は防御用具として当然機能していました。 そればかりか、総大将や侍大将などの指揮官は、その姿を雄々しく、美しく、 […]

  • 2019-07-18
  • 2019-07-31

駆逐艦「天霧」による「魚雷艇PT109号」粉砕。実はあれは事故だった。

その時「天霧」の艦橋で起きていた、意外なある出来事とは? 昭和18年8月2日未明、ソロモン諸島のコロンバンガラ島沖で、日本の駆逐艦「天霧」がアメリカ海軍の魚雷艇PT109号に体当たりし、これを粉砕して撃沈したと言う話はあまりにも有名である。ただしこの […]

  • 2019-07-16
  • 2019-07-31

帝国海軍は日本海海戦の夢を追い続けた

日露戦争における日本海海戦の帝国海軍・連合艦隊の大勝利は、世界的海戦史上でも稀な完全勝利でした。 この事は以後の帝国海軍の軍体制や戦略にも大きく影響しました。 大艦巨砲主義 明治40年には帝国海軍は米国を仮想敵国としました。 その基本は日本海海戦同様 […]

  • 2019-07-15
  • 2019-07-31

日本史最大の謎?本能寺の変、明智光秀の成功と失敗。

本能寺の変直前の織田信長を取り巻く状況。 天正10年6月2日に本能寺の変は起こるが、その直前の状況は北陸においては、柴田勝家は、前田利家、佐々成政、佐久間盛政らの軍勢を率いる。 北陸は越中魚津、森長可は越後関山、これらは越後上杉景勝を包囲する軍勢。 […]

  • 2019-07-13
  • 2019-07-31

イタリア戦線を総指揮したケッセルリンク空軍元帥(1)

第二次世界大戦のドイツ空軍で一戦線の総司令官となった1人の元帥が居ます。 彼はアルベルト・ケッセルリンク空軍元帥 稀有な立場に置かれたケッセルリンクの戦歴を2回に分けて紹介します。 砲兵から空軍へ 1881年にバイエルンで生まれたケッセルリンクは第1 […]